クライマーズ・ハイ!

昨日の夜中に見た・・・
クライマーズ・ハイ!
1985年8月12日、北関東新聞社の遊軍記者で、販売部の人間が多く所属する「登ろう会」メンバーの悠木和雅は、同じく登ろう会の安西耿一郎と一緒に、県内最大の難関である谷川岳の衝立岩に登山へ向かう予定だった。
帰宅しようとしたその時、社会部記者の佐山達哉から「ジャンボが消えた」と連絡が入る。
翌朝、悠木は粕谷編集局長から日航全権デスクを命ぜられる。
同新聞社にとって、「大久保・連赤」以来の大事件を抱えることになる。
クライマーズ・ハイとは、興奮状態が極限まで達し、恐怖感が麻痺してしまう状態。ランナーズハイという言葉もある。
(ウィキペディア引用)
145分という大作だが時間を忘れて見入ってしまった・・・
地方新聞社の格闘っっ!!!
あの痛ましい日本航空123便墜落事故の現場の生々しい状況!!!
久しぶりに内容の濃い映画を見た・・・

改めて亡くなられた520名の冥福をお祈りします・・・
合掌・・・・・

ぽる の紹介

356と共に(http://d.hatena.ne.jp/poluche356/)もヨロシク!
カテゴリー: 日記   パーマリンク

クライマーズ・ハイ! への3件のコメント

  1. ボールチェアー より:

    クライマーズ・ハイはNHKでやったのは見ましたよ。
    この事故があったときは小学生でしたけど、大変なことがおきたんだなと思って、ニュース見てました。

  2. 歩瑠(ぽる) より:

    ボールチェアーさん
    ドラマは見てませんでしたが DVDででてるかなぁ~~~
    若いっすねぇ~~~
    私は25でした・・・(^^ゞ

  3. torimie より:

    私もNHKでやったのを2回見ました。
    佐藤浩市と上司の岸部一徳の渋い演技がよかったなー。
    軽い、薄い、いみふなドラマとはひと味違いました。
    こういう良質なものを作って欲しいものです。